FC2ブログ

記事一覧

雨樋のメーカーや品番の確認方法

お世話になります。あまどい屋です。雨樋のメーカーや品番の確認方法を教えてくださいとお声をいただきました。雨樋が壊れた時に、交換する必要が出てきます。そんな時には、サイズやメーカー、品番などを確認する必要があります。丸型であればサイズが合っていれば現行品でも交換が可能となっていますが、角型の場合は幅サイズが同じであったとしても品番が異なるとつなげることができなっています。無理にタイプの違う角型のもの...

続きを読む

火災保険で雨樋の修理ができる?

お世話になります。あまどい屋です。雨樋って本当に火災保険でなおせるの?とお声をいただきました。自然災害がきっかけで雨樋が破損した結果、室内に雨漏りが生じてしまった場合は加入している火災保険を用いて雨樋の修理費用に充てられます。そのため、台風などにより物件に備え付けられている雨樋が変形したり、壁面の留め具の部分から外れてぶら下がっている状態になっている時には火災保険を適応して修理可能です。また、雨樋...

続きを読む

雨樋のつまりを放置するとどうなる?

お世話になります。あまどい屋です。雨樋のつまりを放置するとどうなる?とお声をいただきました。建物に雨樋が設けられていないと、雨天時に屋根に降り注いだ雨が屋根から地面に直接的に落ち続けてしまうため落下した雨水によって溝が生じ、生じた溝は少しずつ深くなっていきます。溝が深くなると建物の周囲の基礎などが不安定になり建物に傾きが生じてしまいますし、雨樋が無いと屋根に降り注いだ雨が地面に落下するのと同時に壁...

続きを読む

足場の仮設費用は?

お世話になります。あまどい屋です。足場の仮設費用は?どのくらいですか?とお声をいただきました。雨樋を一から設置するためには、足場の仮設建築が必要になることがあります。基本的に、足場の仮設費用の相場は足場の外周の長さと高さを参考にして計算します。雨樋を設置する場合には、どの程度の範囲で必要になるのかで周囲の長さも異なってきますので、雨樋の外周を考慮に入れて計算することで正しい費用を算出することが可能...

続きを読む

雨樋修理の際の足場の必要性

お世話になります。あまどい屋です。雨樋修理の際の足場の必要ですか?とお声をいただきました。雨樋に破損や不調が見られ、業者に修理依頼をした際に初めて修理時に建物を囲うようにして足場を設ける必要性がある事を知る方は少なくないですが、雨樋を修理する際にも屋根塗装や外壁塗装のように足場を組む必要があるのは、安全性の確保と円滑で正確な作業を行うためです。雨樋は屋根の縁に沿うようにして設置され、その後は下方向...

続きを読む